【インタビュー】
奇才 BABY BLUE が語る
自身のルーツ

model: BABY BLUE | photographer: Organ Armani
interviewer: IRIKI (Radd Lounge) | translator: Tatsuya Yamamoto

   

2016年11月5日販売開始の BABY BLUE (ベイビー・ブルー) と RADD LOUNGE によるコラボアイテムの発表に伴い、VENOM®プレイリストでもおなじみのアーティスト BABY BLUE へインタビューを慣行。静寂な中に狂気さが入り交じったような、聴く人を BABY BLUE 独自の魅惑な世界に誘うその音作りのルーツはどこから来ているのか、ファッション観なども交えて語ってくれた。
 

■ 何か新しいことに取り掛かるとき、
そういう期待で、すごくワクワクするんだ。

tops: BABY BLUE × RADD LOUNGE tee
ー まず、あなたの生い立ちを教えて下さい。
Can you tell us about yourself?


「僕の名前は Julian Briggs。Baby Blue っていう名前で通ってるよ。25歳で、今はカナダの西海岸にあるブリティッシュコロンビア州のバンクーバーにある軍事基地に住んでるんだ。小さな家族に生まれて、カナダ東部のミシサガとトロントで育った。母親がクロアチアからの移民で、父親はカナダ人。ジャマイカ系の親戚もいる。父親が軍人で、10歳の時に西海岸に引っ越してきて、それ以来ここに住んでるよ。DJと音楽を始めて5年くらいになる。それと、いつも僕と一緒にいる Peaches っていう犬もいるよ 笑」
_ _ _

「My name is Julian Briggs I go by the moniker Baby Blue. I'm 25 currently residing on a military base in Vancouver, British Columbia on the West Coast of Canada. I come from a small family and grew up in Mississauga and Toronto in Eastern Canada. My mom was a Croatian immigrant and my father is Canadian, also half of my relatives are Jamaican. I moved to the West Coast when I was 10 because my father is in the military and I have been here since. I DJ and make music and have been for about 5 years. I also have a dog named Peaches who occupies most of my time haha.」



 


ー いつ音楽活動を始めたのですか?
When did you start making music?

 
「19歳か20歳の時に、Marisa Holmes っていう友達が、僕が自然と音楽に興味を持ってることに気付いて、彼女が半ば強制的に僕に始めさせたんだ。笑 僕たちはノイズパンクのバンドを始めたんだけど、少ししか続かなかった。それから、Lief Hall(元MYTHSの) と出会ったんだ。彼女が僕のエレクトロミュージックのセンスを気に入ってくれて、DJを始めたら?ってことで、始めたらハマったんだ。もっと本格的に音楽作りを始めたのは23歳くらいのときかな。始めるのが遅かった分、頑張らないと!」
_ _ _

「When I was about 19/20 my friend Marisa Holmes saw I had such a natural interest in music she kind of forced me haha. We started this noisey punk band that lasted for a bit. I then met Lief Hall (formerly of MYTHS) who liked my taste in electronic music and she suggested I start DJing, which I really got into. It was when I was about 23 when I started taking producing music more seriously I feel I started so late so I have to catch up!」


ー 影響を受けているアーティスト/ものを教えて下さい。
Who or what has influenced you?


「この質問は、僕自身にとってすごく重要で、自分でもよく考えることなんだ。引越しをすることが多かったことが、大きな影響になっているんじゃないかな、と思ってる。影響を受けた人からの方が始めやすいからそっちから始めるね。僕が影響を受けているのは、間違いなく友達だね。芸術・音楽面だけじゃなく、考え方・世の中の見方にも影響を受けているよ。少し名前を挙げると、Sebastian Ruslan, Sentinel, X/O, Vincent" Parker, City, Zakmatic, Violence, Nancy Letica たちだね。 僕が活動するうえで、影響を受けているものは、新しいことを経験すること、学ぶことじゃないかな。映画を観たり、何かを読んだり、ハイキングをしたり、違った角度から物を見たりして、ものすごく影響を受けたりもするときもあるだろうしね。何か新しいことに取り掛かるとき、そういう期待ですごくワクワクするんだ。」
_ _ _

「This is such a big question I constantly think about. I feel I have been influenced by so much in my life having moved around a lot. I guess it would be easier to start with who inspires me. I would definitely have to say the people that most inspire me are my friends. They have pushed me in not only art and music but also how I think and view the world. To name a few really amazing people I would say Sebastian Ruslan, Sentinel, X/O, Vincent Parker, City, Zakmatic, Violence and Nancy Letica. I feel what most inspires me to work though is just experiencing and learning new things. Sometimes I will become so inspired by watching a movie, reading something, going for a hike or just seeing something in a different light. Which then really excites me when I start working on something new.」


■ 常に自分の道具を普通だったら
やらないように使ってみろ


tops: BABY BLUE × RADD LOUNGE tee
ー 音楽を作る上で意識していることはありますか?
Is there anything you keep in mind when you are making music?


「全部言わなきゃダメかな?笑 ていうのも、ここ3年、音楽を作るのに壊れかけのパソコンを使ってるんだ。僕が使ってる DAW(作曲ソフト) はすごく重くて曲を作ろうとすると30回くらい落ちちゃうんだ。DAWで作る曲は全く聴けないから、常に曲をエクスポートして、 wav file で聴かなくちゃいけない。本当に嫌になっちゃうんだけど、これも僕が作る音の一部になってるかな?でも、真面目な話、友達の Alex(Sentinel) が前に僕に言ったことは意識しているよ。彼が、常に自分の道具を、普通だったらやらないように使ってみろ、みたいな事を言ってたんだ。今音楽を作るときは、その言葉が僕の頭の中にあるよ。」
_ _ _

「Um everything? Haha it is only because I have been using a barely functioning computer to make all my music for the past 3years. My DAW barely runs and crashes about 30times every time I try and make a song. I can't really listen to any of the music I make in the DAW I have to be constantly exporting the track and listen to the .wav file. It is such a tedious process but I feel it has become part of my sound maybe? But one thing that I really think about is something my friend Alex (Sentinel) once told me he said something like always try and use your tools in a way you wouldn't normally. That has really stuck with me when I make music now.」
 
 
ー 音楽以外に興味のあることはありますか?
What are your interests apart from music?


「最近は体を動かすのがすごく楽しい。特にキックボクシングだね。サプリメントとかココナッツオイルにもはまってる。他には料理、アニメ、映画、色んなことに疑問を持つこと、家族、犬と一緒に過ごすことだね。 」
_ _ _

「Well I have been really enjoying exercise lately more accurately kickboxing. I get really excited about supplements and coconut oil. Other things include cooking, anime, movies, questioning EVERYTHING, spending time with my family and dog.」
 
 
ー PTP (Purple Tape Pedigree) からのリリースの経緯を教えてもらえますか?
What led you to release on PTP?

「Val(Geng) が特に深い意味もなく僕のemailを聞いてきて、デモ音源を送ってくれてって言ってきたんだ。それで、彼が始めようとしてたミックスシリーズに参加しないかって。僕は彼がどんな人なのかを調べて、すぐに PTP に惹かれたんだ。全てが完璧に噛み合った瞬間だったから、本当に運が良かったと思うよ。Valは本当に素晴らしい人で、僕たちはすぐに仲良くなったんだ。 僕たちは二人共健康好きで、スムージー好きだったのは、大きかったよ 笑 」
_ _ _

「So pretty much Val (Geng) just hit my email up totally randomly asking for demos and if I would be interested in being part of this new mix series he was starting. I took a look at what he was about and was instantly drawn to PTP. I feel very lucky because it was one of those moments where everything just aligned perfectly. Val is such a nice and amazing person we hit it off instantly. Especially bc we both love health and smoothies so much lol.」

 
 


■ 感情と記憶を知り、向き合う、そして、
自由に行き来できる大きい門(Gate)みたいに
それらと隣り合わせで生きる


ー sentinel が手掛けた 「Void Gate」 のジャケットに何か意味合いはあるのですか?
Is there any meaning behind the cover art of sentinel?


「リリースに関して本当に運が良かったと思うもう一つのことは、Alex(Sentinel) がちょうどバンクーバーにしばらくの間越して来ていたということだね。だから、僕たちは一緒にアートの方向性について面と向かって話し合うことができた。「Void Gate」は、僕が過去の暗い部分と向き合うために作っていた音楽なんだ。酷い時期があって、その時は本当に鬱状態で少しだけど自殺も考えた。その時期を乗り越えることはできたけど、そんな記憶は存在しないって、自分をごまかしてるだけだったんだ。でも、「Void Gate」の裏にあるコンセプトは、そうした感情と記憶を知り、向き合う、そして、自由に行き来できる大きい門(Gate)みたいに、それらと隣り合わせで生きるということだよ。そうして、いま僕たちが影響を受けている物と相まって、カバーアートの基盤が出来上がったんだ。Alex には自由に、彼の想像力に任せて作ってもらった。」
_ _ _

「Well another thing I feel was super lucky about the release was that Alex (Sentinel) had just moved to Vancouver for a while so we were able to sit down together and talk about the direction for the art. VoiD GatE was a bunch of music I had made to deal with some of the darker parts of my past. At one point I went through a gross period where I was extremely depressed and also became slightly suicidal. I was able to get over it but never really dealt with it I kind of just pretended those memories didn't exist. But the concept behind VoiD GatE was learning and dealing with those feelings and memories and also living alongside them kind of like a large gate you can pass through freely. So that combined with some of our current influences were the foundation behind the art. I let Alex be free and imaginative with how it looked.」


 
outer: BABY BLUE × RADD LOUNGE - Jacket, inner: BABY BLUE × RADD LOUNGE - LS tee


■ ぶってるアンダーグラウンドシーンだと
ハウスかテクノだけなんだ。

ー Cyber Spa について教えてもらえますか?
Can you tell us about Cyber Spa?

「Cyber Spa は、僕が Wobangs(Matea Sarenac) と一緒に立ち上げたクラブイベントだよ。僕たちはバンクーバーの評判の悪い、いかがわしいバーの一つの The Astoria っていうバーでイベントをやるよう頼まれていたんだけど、逆に良かった。僕たちは、なりふり構わずいられて、何でも好きなものをかけられる所でやりたかったし、それにただで来て盛り上がりたい人たちが来やすいようにしたかったんだ。DJ Bee と Davidsmind に参加してもらったんだけど、David はやめなくちゃいけなくなって、Jade Statues に参加してもらった。約3年間パーティーをやったけど、本当に楽しかった。つい最近最後のイベントをやったんだ。反響の大きさにすごく驚いたよ。 バンクーバーには、僕たちがかけるような音楽がかかってるイベントが無いんだ。普通、踊ろうと思ったら、クラブではヒップホップかチャートに出るような曲だし、ぶってるアンダーグラウンドシーンだとハウスかテクノだけなんだ。でも実際にはバンクーバーには色んなアーティストがいる。だからこそ僕たちは、どこに属してるかなんて関係なくて、誰でもステージに上がって、良いか悪いかなんてジャッジしないオーディエンスの前で音楽ができる場を提供したかったんだ。パーティーの参加者は様々だったよ。年齢的にそこにいちゃいけない子とか、今風の子、薬中、ホームレスの人も。みんなユニークで、ダンスや音楽を楽しみに来てた。本当に素晴らしい時間だったよ。僕たちの Soundcloud に、フリーダウンロード できる音源をあげたりもしてるよ。」
_ _ _

「Cyber Spa was a club night I founded alongside Wobangs (Matea Sarenac). We were asked to do a night at one of Vancouver's notorious dive bars The Astoria. We wanted to do a night where we didn't give any fucks and could play whatever we wanted and at the same time make it accessible for people who wanted to turn up during the week for free. We got DJ Bee and Davidsmind involved but eventually David had to leave so we welcomed Jade Statues to our lil crew. We had so much fun throwing these parties for almost 3 years, we recently had our last event. We were all incredibly surprised how much people responded to it. In Vancouver there wasn't any night that would play what we would. Normally if you want to dance it is a lot of Hip-Hop and Top 40 at the clubs and the "artsy" underground scene is almost exclusively house and techno. But there are actually an incredible array of different artists living in Vancouver which is why we wanted to host a spot where it didn't matter what crew you were part of you could come play on a stage in front of an audience that wouldn't judge. Our crowd was like a mismatch of kids too young to be in a bar, hipster art kids, addicts and homeless people all acting weird and just coming to dance or enjoy music. It was such an amazing time we also released a bunch of music you can download for free on our Soundcloud.」
 



tops: BABY BLUE × RADD LOUNGE tee
ー 今後音楽シーンはどうなっていくと考えていますか?
What do you think is the future for the music scene?


「類似性が音楽コミュニティ内では厄介なものになってきていると思う。本当に簡単にメディアにアクセスできるから、音楽の移り変わりが、今まで以上に速くなってる。これって悲しいことだよね、だって僕たちは音楽にとっては最高の時代に生きてるんだから。だから、未来がどうなるかを言うのは難しいな。みんなDJたちに飽きて、またインディーバンドが流行ったりして。笑」

_ _ _

「I think homogeny is becoming a scary thing within the music community. Such high speed access to media makes movements more disposable which is sad because I also think we are living in the best time for music. So it is hard for me to say what I think the future will be. Maybe people will get sick of DJs and start making indie bands again? hehehe.」


ー 今後のリリース情報を教えてもらえますか?
Can you tell us about anything you are currently working on or you have planned?


「今はアルバム?に収録する曲を作ってるよ(すごくゆっくりだけど)。近い将来もっと旅をして、色んな都市/国でショーができたらいいな。」
_ _ _

「I am currently (but extremely slowly) working on material for an album thingy? I hope to travel more in the immediate future so maybe playing shows in different cities/countries. 」


Dress: BABY BLUE × RADD LOUNGE Jacket
ー ファッションに興味はありますか?
あるとすれば、どういったものに興味がありますか?

Do you have an interest in fashion? If so, what kind?


「ファッションには昔から興味があるよ。だから、連絡をもらった時、すごくワクワクした。実は昔ブログをやってたりもしたんだ。昔はファッションオタクって感じだった、馬鹿げたブランドばっかり好きだったんだけど。ターニングポイントになったのは僕のお気に入りのハードスタイルの曲を使ってた、HBAのコレクションを見たときかな。13歳の時、ハードスタイルが大好きだったんだ。特に、HBAがプロモーションビデオでも使ってた、Headhunterz のScantraxx Rootsっていう曲がお気に入りだった。僕が青春時代に好きだった曲なんかが使われてるのが驚きだったし、それに、あんな服はそれまで見たことがなくて、すごく刺激的だった。今、HBA以外の好きなブランドは Vaquera, Telfar, Rowan, Barragan。今年一番のお気に入りのコレクションはLuarだね<3」
_ _ _

「I have always had an interest in fashion/style that is why I was very excited when you emailed me :) I actually used to have a blog (ew). I was kind of a fashion thot when I was younger caring about the silliest brands. I feel like a turning point was when I saw the HBA collection that used one of my favourite hardstyle songs. When I was 13 I was extremely obsessed with Hardstyle especiall Scantraxx Roots by Headhunters which HBA used for one of their fashion videos. I was floored they used such a random song that I held dear to my adolescent self but I also had never seen clothing like that which was so inspiring. Some of my favourite brands besides HBA right now are: Vaquera, Telfar, Rowan, Barragan and my most fav collection this year was LUAR <3」


 

BABY BLUE × RADD LOUNGE
blogonline shop page

BABY BLUE
soundcloudinstagramtwitterfacebook

Speacial Thanks to Julian, Alex, Val, Organ Armani, Tatsuya and Sarah.
 

BRANDS

MUSED

BRANDS