【インタビュー】
Nik Kosmas の色即是空思想

interviewer: IRIKI (Radd Lounge) | Translate: Cam


過去、ドイツはベルリンにて、元ポストインターネットデュオ AIDS-3D として活躍し、現在は上海拠点で活動する芸術家 Nik Kosmas のクロージングライン発売に伴い、インタビューを慣行! 彼の物事に対する考え方・捉え方、精神性について語ってくれた。
 

ー あなたのキャリアは、さまざまな媒体、場所、アートなど、多方面に広がっているようですが、まず最初に、あなたの経歴と初期のアート活動についてお聞かせ下さい。
Your career seems to spread across various mediums, locations, and artistic motivations. First of all please tell us about your background and initial artistic endeavors.

「私は子供の頃から芸術家になりたいと思っていました。その中でも最初は漫画家なのかなと思っていました。その後、美術館に行って Jeff Koons、 村上隆、 Charles Ray の作品を見て、こういう表現もとてもかっこいいなと感じ、Matthew Barney のビデオを見て、何か総合的なアートを作ってみたいと思うようになりました。」

_ _ _

「When I was a child, I wanted to be an artist. At first I thought that might be making comics. Later I went to museums and saw work by jeff koons, murakami, charles ray, I thought that was pretty cool too. Later I saw videos by Matthew Barney and i was excited about the idea of making some kind of total art. 」



「その当時も、服も作っていましたし、他の才能を持った友人を募って、また違った作品も作っていました。結局、私はアートスクールに入り、友人の Daniel Keller と出会い、AIDS-3D というグループを作りました。このグループはポスト・インターネット・ムーブメントの一環として行われました。7年後、私たちは活動を終了し、私の人生は別の段階に進みました。数年の回り道といくつかの他の事業を経て、私はアートに戻り、中国に移りました。そして、より真剣に服を作り始めました。そして今、私はアートとファッションの活動を拡大し、アートの世界の外にいた時の経験を織り交ぜながら、この場所にいるのです。」

_ _ _

「But I was also making clothes, and recruiting my friends with other talents to help me make other things too. Anyways I ended up in art school and started collaborating with my friend Daniel Keller. We made a group called AIDS-3D. It was a part of the Post-Internet movement. After 7 years we called it quits and I moved into some other phase of my life. After a detour of several years and a few other enterprises, I made my return to art and moved to China. I also started to make clothes more seriously. And that’s where we find me now, extending my art and fashion practice, mixing in my experiences from my time outside of the art world. 」



■ 私がアート作品を作れる主な理由の1つは、
全ては宇宙がコントロールしていると信じているからです。


ー 過去、別媒体でのインタビューでは、スピリチュアルな考え方が仕事に反映され、仕事へのモチベーションを左右するものだと言っていましたが、あなたにとって"精神的に充実した人生"とはどういう歩みでしょうか?
In previous articles you have cited personal spiritual growth as both being reflected in and fueling your work. In your opinion what does it mean to be living a "spiritually sound" life?


「私がアート作品を作れる主な理由の1つは、全て宇宙がコントロールしていると信じているからです。私は何かをコントロールする必要もないし、実際にコントロールすることもありません。この考え方により、私に多くの平穏さと快適さを与え、結果をあまり気にせずに作品を作ることができます。私はスピリチュアルなグループにも所属しており、たびたび会合を開いて人生について話し合っています。これらの活動は、私の頭を深く悩ませず、人生に起こることを見通しておくのに役立っています。ネガティブな経験がポジティブな経験につながり、その逆もまた然りで、人生は終わるまで続くのです。」
_ _ _

「One of the main reasons I am able to make art is that I trust that the universe is in control. I do not need to be, or actually am really not, in control of anything. That gives me a lot of peace and comfort and allows me to make work without worrying too much about the outcome. I am part of a spiritual group that meets and discusses life, and part of that is also helping other people. These activities help me keep my head out of my ass too deeply and maintain perspective on the things that happen in my life. The negative experiences lead to positive ones and vice versa, and life goes on, until it ends. 」

 



ー ルーティンを維持することの重要性について、どうお考えですか? また、あなた自身のルーティンで最も重要なことは何ですか?
What do you think of the importance in maintaining a consistent daily routine? What is most critical in your own routine?

 
「私は自分自身のボスなので、日常生活は私にとって非常に重要です。私は構造体が好きなので、いつも切望しています。あと私にとってフィジカルトレーニングと食事も非常に重要です。自分のスケジュールはトレーニングを中心に1週間を計画し、他の時間はほとんど仕事で埋め尽くされています。」
_ _ _

「Because I am my own boss, routine is important to me. I like and crave structure. For me, physical training and eating food are very important. Usually I plan my week around my training and my work fills in most of the other time.」



ー これまでの作品を拝見すると、健康や人体に重点を置いているように見受けられますが、こういった分野への関心は、服をデザインするときにどのように思考やプロセスに影響しましたか?
Your products often seem to focus heavily on health and the human body. How has your interest in these fields informed your thought process when it came time to design clothing?

「私が服を作るきっかけの多くは、物を機能的に改良したい、伝えたい という切実な思いからでした。私が最初に作ったのは、道着 (武道や武術などに用いられる衣服) でした。どんな動きにも対応できるユニフォームであると同時に、ビジネス、トレーニング、遊びなど、1日のどんな場面でも使用できるようにすることを考えました。私がデザインする服は、ほとんどが超快適です。動きやすさ自由さは必須です。」
_ _ _

「A lot of my inspiration for making clothes came from a sincere desire to improve things functionally, and to communicate. The first things i really made were based on a gi. The idea was that they would be a uniform that allows for any kind of physical movement but also allow the wearer to use them at any phase of their day, from business to training to hanging out. The clothes I design are almost always super comfortable. Freedom of movement is essential.」





■ 私は東洋医学である、ホリスティック医療のファンです。

ー あなたにとって、東洋医学と西洋医学の違いについての見解を教えて下さい。
What is your opinion on Western vs Oriental medicine?


「私は東洋医学である、ホリスティック医療* のファンです。私は「healing with whole foods (全食品で癒す)」という本が大好きです。症状ではなく、根の原因を治療するという原則は理にかなっています。」
_ _ _

「I’m a fan of holistic medicine, which is oriental medicine. I really love a book called “healing with whole foods”. The principle of treating root causes not symptoms makes sense to me. 」

*ホリスティック医療.... 身体はもちろんの事、目に見えない精神性を含めた全身全霊のつながりや、全体的な視点で健康を考えた医学。



ー ここ最近、NFTの普及に伴い、あなたのようなアーティストにとって、これからどのような影響があると思いますか?
With the recent rise of NFT's, what do you think are the implications for both present and future for artists like yourself?

「NFT* は、現代アート界のパラレルワールドだと思っています。最近取り組んでいる私のプロジェクト Mutagen.xyz は、この分野の新しい機会について多くのことを教えてくれました。web3* と crypto* などあらゆる形態は、文化やソーシャルビジネスに大きな影響を与えると思いますが、今は予測が困難ですね。」
_ _ _

「I think NFT’s are a parallel universe to the traditional art world. My recent project Mutagen.xyz taught me a lot about the new opportunities in the space. I think that all forms of web3 and crypto will have a huge impact on culture and social business in ways that are hard to currently predict. 」

*NFT..... 非代替性トークンの意。ブロックチェーンと呼ばれるデジタル台帳上のデータの単位。
*web3..... ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークで、インターネット全般の潮流、特徴および構造を表している概念。
*crypto..... 暗号通貨/仮装通貨の意。交換媒体として機能するよう設計されたデジタル資産。

 


■ 現在の人類が技術的特異点 (シンギュラリティ) の
端に立っている事は間違いないでしょう。


ー 光学迷彩*や、デザイン/製造プロセスのAI自動化など、衣料技術の将来についてどう思いますか?
What are your thoughts on the future of clothing technology including things like reflective active camouflage and AI automation of the design/production process?

「特に服飾デザインの将来はどうなるのかわかりません。しかし、テキスタイルデザインなど、材料科学*のあらゆる側面、心理療法などの社会科学に対するAIの影響は深刻であり、予測するのは非常に困難ですが、現在の人類が 技術的特異点* の端に立っている事は間違いないでしょう。」

_ _ _

「I'm not sure what the future will hold for clothing design specifically. but the effects of AI on every aspect of materials science like textile design, to social sciences such as psychotherapy will be profound and hard to predict. We are definitely standing on the edge of the singularity. 」


*光学迷彩..... 視覚的に対象を透明化する技術。現実空間の物体を減算する事が可能。
*材料科学..... 工学の一分野であり、物理学、化学等の知識を融合して新しい材料やデバイスの設計と開発、そして評価をおこなう学問。
*技術的特異点..... シンギュラリティの意。AIなど人工知能技術自ら、人間より賢い知能を生み出す事が可能になる時点。





ー 最後になりましたが、今回のインタビューありがとうございました。現在進行中もしくは今後のプロジェクトについて、言える範囲で良いのでお伝えする事はありますか?
Lastly, thank you very much for this interview. Is there anything you would like readers to know about any current and/or upcoming projects?


「今年は新しい企画にたくさん取り組んでいるので、私のウェブサイト、www.kosmas.systems とinstagram:nikkosmas で最新情報をチェックして下さい!」

_ _ _

This year I’m working on a lot of new stuff so just keep checking my website, www.kosmas.systems and my instagram: nikkosmas for the new updates!」

 



Nik Kosmas release on RADD LOUNGE
blog | online shop

Nik Kosmas
instagramtwitterKosmas Systems

 

BRANDS

GKA

BRANDS