【インタビュー】
自身が作った音楽が持つ、
本来の意味とは?

interviewer: IRIKI (Radd Lounge)
translator: Hibiki


ワシントンDC生まれ、シカゴ移住後、現在ドイツはケルンを拠点に活動する音楽プロデューサー SWAN MEAT。フランス・パリのレーベル PERMALNK からリリースされた「Bounty」を皮切りに、世界各国さまざまなアーティストやレーベルコンピレーションの楽曲に多数参加する飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女と RADD LOUNGE によるコラボレーションアイテムの発売を記念し、インタビューを敢行。自身の作り出す作品はどういった意味や思考を含んでいるかなど、音楽に対する価値観を語ってもらった。

■ Maria Callas, Grace Jones, Pauline Oliveros
そして母親が私にとってのアイドルね。

SWAN MEAT × RADD LOUNGE HOODIE (Designed by Amber Bradford)

ー まず、あなたの生い立ちを教えて下さい。
Can you tell us about yourself?


「私の名前はレバで、詩を書いたりちょっと曲を作ったりしています。神経性過食症の療養中に曲を書き始めたの。療養中は、体にも精神的にも健康なものが生活の中心になったわ。 療養中のことは話しておくべきだと思うんだけど、何を話したらいいのか分からなくて。Maria Callas, Grace Jones, Pauline Oliveros そして母親が私にとってのアイドルね。ハーリーっていうオーストラリアンシェパードを飼ってるわ。いつもロレアルのグリーンアップルのシャンプーの香りがするの。キイチゴが生えてる庭でリスを追いかけ回した後でもね。」
_ _ _

「My name is Reba & I write poetry and make little songs. I started writing music while in recovery from bulimia nervosa & what was cathartic & therapeutic quickly became my life. I think it's important to talk about this, being in recovery, but I often don't know what to say. My idols are Maria Callas, Grace Jones, Pauline Oliveros, & my mother. I have an Australian shepherd dog named Hurley who always smells like L'Oreal kids shampoo, green apple, even after he's finished stalking squirrels in the backyard amidst the brambles...」


ー あなたの生まれ故郷シカゴは、ブルースやジャズ、テクノやジューク、ヒップホップなど、多彩なミュージシャンを多数輩出しているイメージがありますが、何か理由がありますか?
2.Your city, Chicago have produced many artists in various genres such as blues, jazz, techno, juke and hiphop. What do you think is the reason for this?


「シカゴには、不思議で美しい、はっきりと感じられるエネルギーがあるの。触ることはできなくても、どこにいても感じることができるようなね。実は私はヴァージニア出身で、シカゴに引っ越してきただけだから、シカゴの歴史に関しては私から聞くのがいいのかは分からないけど、、でも毎日学んでいるわ。特にここのシーンに関わるようになるにつれてね。この場を借りて、不安を克服する手助けになってくれたり、私を仲間に入れてくれた友達のAriel Zetina, Evan, Composuresquad にお礼を言いたいわ。」
_ _ _

「Chicago has an inapprehensible, beautiful, palpable energy that's impossible to put one's finger on but felt everywhere. I just moved here - I'm actually from Virginia - so I don't know if I'm the best source with regards to Chicago's history. But I'm learning every day, especially as I become more invested in the scene here. I'd like to take this opportunity to s/o my friends Ariel Zetina, Evan, and Composuresquad, who've helped me push past my anxiety & get involved! 」

 



■ 他人にどう思われているかなんで気にしないで、自分自身で入られて、なりたかった自分になれて、自分が関心のあることを掘り下げられると感じたの。

 
ー 今回、あなたからの提案で実現したコラボレーションですが、初めてあなたから連絡を受けた時、あなたのDIYな活動に対する意見を垣間見ることができました。あなたのDIYなアートに対する意見を聞かせてもらえますか?
When you contacted me for this collaboration, your words gave me a glimpse of your opinion about DIY art. Can you tell us about it?


「ヴァージニアにいた10代の時に、DIYなコミュニティーのことを調べ始めたの。よく友達と授業をサボって、Pg. 99とかThe Kodan Armadaを大音量で流して、ワシントンD.C.へドライブに行ってたわ。当時はパンクシーンが盛り上がっていて、そこで初めて、他人にどう思われているかなんで気にしないで、自分自身で入られて、なりたかった自分になれて、自分が関心のあることを掘り下げられると感じたの。ワシントンD.C.は素晴らしい場所だったわ。DIYなコミュニティーが、男性的に、見掛け倒しじゃなくて(もちろん例外はあったけど)、行動に根付いていて、中心から外れたところにいる人にも居場所があるの。音楽を作り続けて、多くのショーをしてきたけど、こうした精神は意識するようにしてきたわ。常により良くなろうとはしているけど。」
_ _ _

「I began exploring the 'DIY' community when I was a teenager in Virginia. My friends & I would cut class & drive into D.C., blasting page99 & The Kodan Armada. At the time there was a thriving punk scene, and this was the first place I felt I was able to be myself & explore my interests - & who I wanted to be - free of judgement.  D.C. was a wonderful place to be because the DIY community was rooted not in masculinity & bravado (there were, of course, exceptions) but activism & maintaining safe spaces for marginalized folks. As I've continued to make music & play shows I've tried to carry this ethos with me, though I'm always striving to be better. 」

ー Co-OpやStoschaへの参加、そしてあなたの映像作品s/z冒頭に見られる言葉などから、あなたの現代社会への批判的精神が見て取れるように感じます。現在の社会に対する意見、そして、今の社会の在り方が創作活動に影響をあたえることはありますか?
I feel your participation in projects like Co-Op and Stoscha and the words shown at the beginning of the video of "s/z" show us your critical attitude to the modern society. Can you tell us about your opinion about it? Also, does how the modern society is now affect your creation?

「S/Zまで掘り下げてくれたのね!あれは、前のビデオプロジェクトの一つで、AbletonのV-ModuleとJitterで作ったの(笑)。私は、私の女友達が運営しているレーベルやコレクティブと共作したり、彼女たちに貢献することを優先しているわ。StoschaにもCo-Opのコンピレーションにもとても感銘を受けたわ。私自身の曲は個人的なものだけど、私は真面目に、個人的なものは、極小さなものだけど、政治的なものだと思っているの。私は、活動の場を、現代社会が未だにタブーとしているものの代弁をするために使おうとしてきたわ。奇形、精神的な不安、慢性病や精神病といったものね。」
_ _ _

「Wow, you uprooted S/Z! That's one of my older video projects, I made it with the v-module Ableton program & Jitter, lol.  My priority is collaborating with and contributing to labels & collectives run by my femme sisters, & was so impressed with what both Stoscha and the Co-Op compilation were about.  My own work is fairly personal, but I believe wholeheartedly that the personal is political, & though it's tiny, I've tried to use my "platform" to talk about some of the very real subjects that "modern society" still deems taboo: dysmorphia, dysphoria, chronic & mental illness. 」
 
SWAN MEAT × RADD LOUNGE T-SHIRT (Designed by Amber Bradford)
 
ー こうした活動や、あなたのサウンドを踏まえると、”DEEJAY ISOCAL”のような詩的な作品がとても際立って見えます。Bandcampのプロフィールには自身を”poet”と表現してもいます。あなたと詩の関わり合いを教えて下さい。
Taking your activity like this and your dark sounds into consideration, your poetic work such as "DEEJAY ISOCAL" is very outstanding. In your Bandcamp profile, you describe yourself as a "poet". What is poem for you?


「ありがとう!Michael Green にも共作してくれたお礼を言いたいわ。Deejay Isocal は、彼の作ったビデオが無ければ、ここまでインパクトのあるものになっていなかったと思うから。Rita Dove(アメリカの詩人)は、「詩は、言葉の最も純粋で力強い形だ」と言ったけど、私は、詩は、常に言葉の不在の中で書かれるもので、言葉が捉えどころがなく、曖昧なものだからこそ、詩は書かれるのだと思うの。詩は、言葉が届かない場所を超えて、模索する試みなんだと思うわ。Clara Rockmoreが「白鳥」をテルミンで演奏するのを初めて聴いた時、蝶の群れが私の声を止めて、そして花蜜と靄を残して消えてしまったかのような感じがしたの。こうした感覚も詩的だと思うわ。」
_ _ _

「Thank you! Would like also to s/o Michael Green for collaborating with me - I don't think the Deejay Isocal project would have been as impactful as it was without his video work. Rita Dove says "poetry is language at its most distilled and powerful,"  but I think poetry is written always in the absence of language, written because language always inaccessible & inaccurate. I like to think poetry is an attempt at reaching beyond & scavenging thru the places that language fails to touch. When I heard Clara Rockmore play The Swan on the theremin for the first time, it was like a swarm of butterflies stopped my throat & it boiled over w/ nectar & gauze: I think this feeling is poetry, too.」

ー CO-Op, Stoscha, TAR, Permalnk, Amen, CVLT, Genomeなどへの参加, そしてWWWINGS, Ssaliva, DJ Heroin などとの共作、Bala Club との関わりなど、非常に幅広く活動しているように思えますが、自分自身の活動におけるポリシーのようなものはありますか?
6.You have been working in many places and with many people; you joined Co-Op, Stoscha, TAR, PERMALNK, AMEN, CVLT and Genome, and you worked with WWWINGS, Ssaliva, DJ Heroin. Is there any policy behind your activity?

「特に私の活動にポリシーがあるわけではないわ。主に私に興味を持ってくれる友達と活動するの。常に音楽を書いているから、小さなレーベルに曲を提供するのが好き。WWWINGSは本当にびっくりするくらいにクリエイティブなの。ssalivaは伝説的。DJ Heroinは天使みたいにジムノペディを弾くの。彼が天使だからね。」
_ _ _

「Hmm. I wouldn't say there is a policy behind my activity. Mostly I work with friends who reach out to me. I'm always writing music, so I like to give tracks out to small labels. WWWINGS are astoundingly, terrifyingly creative. ssaliva's a legend & DJ Heroin plays the Gymnopedies like an angel, because he is. 」


ー 自身でも映像作品を作られているようですが、映像を作る上で重視していることは何ですか?
You seem to make videos on your own. What do you take into account when you are making videos for your tracks?

「製作に本腰を入れ始めた時に、当時のアイディアを目に見える形にしたいと思って、トラックにつけるビデオを作ったの。私のvimeoのアカウントに上がっているのは、主にアナログビデオシンセサイザーで作った感じを再現しようとしたものね。当時は買えなかったから。平面が回ってる横で、オレンジを切ってる手が映ってるみたいにね(janette's dream)。最近は作るのをやめちゃったけど、また始めたいわ。夏にやるかも。」
_ _ _

「I made videos to accompany my tracks when I started getting serious about producing & wanted to work through some of the ideas I had visually. The stuff that's on my vimeo account was mostly an attempt @ replicating the visual timbre of an analog video synthesizer, 'cuz I couldn't afford one.  A hand cuts an orange while open GL planes rotate, etc. Recently I've stopped, but I want to pick video work back up again. Maybe I will this summer.」
  
*Release on PERMALNKY

ー 今回のコラボレーションアイテムと同時に、PERMALNK からリリースした、あなたのデビューEP「Bounty」のUSBも同時発売を予定しておりますが、今回PERMALNKからリリースした経緯を教えてください。
I'm also going to release your USB drive, which you released on PERMALNK. What led you to release on PERMALNK?



「PERMALNKは本当に素晴らしいわ。彼らは、Magic Fadesの野心的なアルバム(私のお気に入り。是非'Mozart's Timelineを聴いてみて)をリリースしていて、Stock 71とフランスのBye Bye Oceanっていうパーティーの運営を手伝ってもいるCamilleが、誰よりも先にSwan Meatに興味を持ってくれたの。その前にBounty EPをいくつか他のレーベルにも聴いてもらっていたんだけど、結局ダメだったの。「これはどんな拍なの?」とか、「ちょっと自己流すぎる、、言葉の意味すら分からないよ、マッスルミルク?」とか色々言われたわ。」
_ _ _

「PERMALNK is awesome. They'd released an ambitious Magic Fades album, which I loved (pls listen to 'Mozart's Timeline'), & Camille, who also helps run Stock 71 and France's Bye Bye Ocean parties, believed in the Swan Meat project before anyone else. I'd shown the Bounty EP to some other labels that dismissed it: but what time signature is this in? This is kinda off-grid... What do these words even mean? Muscle milk? blahhhhhh」




ー これまで生きてきた中でのベストソング5曲を教えて下さい。
Can you tell us your top 5 favorite songs in your life?



「人生で印象に残っている5つの曲は、Grace Jonesの'La Vie En Rose'、特にライブの音源ね。あとは、Eugene Ysayeの「無伴奏バイオリンソナタ」(忘執)、Pamela Zの'Bone Music'、Wolf Eyesの'Black Vomit'(Anthony Braxtonとのやつ!)、アサシンクリードブラザーフッドのサウンドトラックの'Countdown'ね。」
_ _ _

「Five songs that have stuck with me throughout my lifetime are Grace Jones' rendition of "La Vie En Rose," esp when she performs it live; Eugene Ysaye's violin sonata no.2 aka "Obsession"; Pamela Z's "Bone Music"; "Black Vomit" by Wolf Eyes (the one w Anthony Braxton!); & "Countdown" from the Assassin's Creed Brotherhood soundtrack...」


 



SWAN MEAT × RADD LOUNGE
blogonline shop page

SWAN MEAT
soundcloudinstagram | facebook

Speacial Thanks to Reba, Hibiki.

BRANDS

MADD LOUNGE

BRANDS