【インタビュー】
Kim Laughton が語る、
中国/上海の
"今"と"未来"
interviewer: IRIKI (Radd Lounge)
translator: Hiromi Umeki


   


音楽やファッション、アートからテクノロジーに至るまで、多方面において今2018年最も勢いがある中国。そんな中国/上海に、早い段階で拠点を移し、名だたるアーティストやブランド(日本だとPHIRE WIREなど)のアートワークやミュージックビデオを数多く手掛けているアーティストがいる。彼の名は KIM LAUGHTON。今回、そんな彼と RADD LOUNGE とのコラボレーションアイテムの販売する流れに伴い、独占インタビューを敢行。視覚を刺激する彼のアイデンティティーを紐解いていこう。

■ 上海は進化し続けて、
今に視覚的にも聴覚的にも特別になっていくと思うよ。




ー まず自己紹介をお願いします。いつからアートの世界に興味を持ち、アーティスト活動をスタートしましたか?
First of all, please introduce yourself. What made you interested in arts and when was that? When did you start your career as an artist?


「いつから興味を持ったのか僕にもよくわからないんだ。成長するとともに意識するようになるのと同じようなものかな。上海に引っ越してすぐにイベントで VJ をやるために 3D video に集中し始めたよ、2011年頃はオンラインでの作品公開に世界中がどっぷり浸かってたからね。(その頃は主に Tumblr を使ってたよ)」
_ _ _

「I don’t really know when I became interested - I guess like other things it’s just something you become aware of when you’re growing up. I started focusing on 3D video soon after moving to Shanghai to VJ for events here, and then in around 2011 got really into what was happening online in the rest of the world (mainly on Tumblr at that time)」



 

 
ー あなたは上海 Club ALL をはじめ、名だたるアーティストの作品製作を依頼されているかと思います。今までに特に印象深かった作品をいくつか教えてください。
I know that You have done a lot of astonishing works for famous artists such as a Shanghai 'Club ALL'. But what art works particularly impressed you the best so far and why?


「去年の Club ALL や他のクラブ(深圳にある Oil とか)のために作った作品はすごく印象に残ってるよ。作品を作る過程で締め切りが近かったりしてストレスが溜まってたんだけど、実際に機能する作品を作って、他の人が空間をどう使うのか見れるのはとても良かったよ。」
_ _ _

「Actually working on the design for ALL (and another club, Oil in Shenzhen) last year were some of the most interesting projects so far. Parts of the process were stressful at the time with short deadlines etc, but it’s nice to make something that’s actually functional and then see how other people use the spaces.」


ー 現在、上海のアートシーンはどのような状態ですか?
How's the art scene at Shanghai like today?


音楽やファッションは、中国あたりに住んでた人が上海に移住してきたからここ数年で急速に進化してるよ、だからここにいるのはすごく面白いんだ。ここにあるもの、場所は全て今までの歴史や決められたルールに囚われない新しいものばかりで自由なんだ。ここには新鮮なものへの欲求が充満してるよ、でもそれは洗練されすぎたものでもないし、競争している雰囲気でもなくて。まだ始まったばかりだけど、上海は進化し続けて今に視覚的にも聴覚的にも特別になっていくと思う。(独特のスタイルを固めていってね)」
_ _ _

「Music and fashion have been evolving fast in the last couple of years as people from around China have settled in Shanghai, so it’s an exciting time to be here. Because it’s all so new there are no set rules or expectations which leads to freedoms that don’t exist in many places. There’s an appetite for fresh things even if those things aren’t too polished and a competitive atmosphere. It’s early days, but if it continues Shanghai will soon have a distinct look and sound.

 

CORDYCEPS × RADD LOUNGE (DESIGNED BY KIM LAUGHTON) - HOODIE


■ 他のデザイナーと一緒に
コラボしたりもしたいね。


ー 自身のブランド CORDYCEPS は、いつスタートしましたか?
またスタートするきっかけを教えてください。

when did you start your own brand”CORDYCEPS”? It get start? And what made you do so?


「CORDYCEPS を立ち上げたのは一年前だよ。みんな総柄プリントの服に新鮮さを失ったから着ないようになったじゃん。でもまだ冒険の余地があるとも感じたんだ。それに僕の感覚で服を作ってみたかったんだよね。それに以前一度だけ簡易なものを1着作ってみたこともあったよ。でも宣伝(プロモーション)のやり方やそれがどんなに難しいことかに気付いたんだ、それに僕はあまり上手じゃなかったしね。(-_-)」

「もっと進化させる余地はあるし、もっと多くのパターンを作って他のデザイナーと一緒にコラボしたりもしたいね。」
_ _ _

「I started CORDYCEPS about a year ago. I felt that people were abandoning all over digital fabric printing as the novelty wore off, but there was still room to explore. I also wanted to try working on a small series of clothes that felt connected; previously I’d only tried making simple one off designs. I realised after working on it how hard but important promotion is - and that’s something I’m not good at -__-」

「There’s a lot of room to go further and I’d like to try collaborating with other designers here to work on more patterns.」


ー 毎日欠かさず行っているルーティンをありますか?
Do you have some everyday routines?


「んー、ちょっとしたことなら、起きてから8m先にあるコンピューターに歩くことかな、特別なことじゃないけど。」
_ _ _

「I guess when I’m working it’s pretty routine - get up, walk eight meters to the computer - but nothing too interesting.」

 
ー 好きな食べ物は何ですか?
What kind of food do you like?

「スパイシーフードが大好きなんだ、特に上海の火鍋は最高だね。日本の食べ物もまた素晴らしいよね、焼き鳥の鶏皮レバービールの組み合わせはこの上なく最高だよね。」

「それに、日本のコンビニにはクリエイティビティを感じるよ、競争率が激しいからなのかな。立ち寄ればいつも新しいパッケージや新しいインスタントの食べ物があるし、それに付け合う新しいアルコール飲料もあるしね。」
_ _ _

「I love spicy food - especially the hotpot here is amazing. Japanese food is also great of course, yakitori chicken skin, liver and beer is hard to beat!」

「I like the creativity you find in Japanese convenience stores - I guess driven by competition. Every time I visit there’s new packaging and new half synthetic replicas of real food to enjoy with half synthetic alcohol.」



■ 『バウンティ/愛と反乱の航海』
のサウンドトラックがお気に入りだね。


ー 最後に、今までで生きてきた中で、あなたのベスト4ソングを教えて下さい。
Last one, What are your top 4 favorite songs ever?


「毎年、毎月変わるよ、ずっと継続して好きなものはないかな。最近は Mechatok の新しい EP(All My Time) や θfash の曲、『バウンティ/愛と反乱の航海』のサウンドトラックがお気に入りだね。」
_ _ _

「That would change every year or month, I don’t have any permanent favorites. Recently I’ve been enjoying Mechatok’s new EP, some tracks from θfash and the soundtrack for the film The Bounty.」

 


mechatok: All My Time (Release on Presto!?)

 

CORDYCEPS × RADD LOUNGE (DESIGNED BY KIM LAUGHTON)
blogonline shop page

KIM LAUGHTON
tumblr | vimeoinstagramtwitterfacebook
 
Speacial Thanks to Kim, Umeki.

BRANDS

MADD LOUNGE

BRANDS